自営業者の税金対策には青色申告が一番有利です

確定申告には青色申告と白色申告があります

会社勤めをしていますと、所得税に関することはほとんど会社が処理してくれます。ですので税金に関して無関心でいてもあまり困ることはありません。しかし、会社のお給料以外に所得がある人とかお給料の金額が一定額を超えた人は確定申告をする義務があります。そのほかには親から相続があった場合も同様です。

確定申告とは国へ納める税金を計算して納税することですが、事業所得と事業的規模の不動産所得、そして山林所得がある人に限っては有利な計算方法が認められている青色申告という制度があります。青色申告を行うには税務署に手続きをする必要があり、記帳義務が発生します。しかし、現在は白色申告も記帳が義務付けられていますので白色申告のメリットは少なくなっています。

青色申告の特典について

まず青色申告には特典が幾つかありますが、その中でも大きな特典が青色申告特別控除です。これは所得税を計算をするときに一定額を差し引くことができる特典ですが、2種類ありますので注意が必要です。それは65万円と10万円ですが、65万円の控除を受けるには要件を満たす必要があります。

そのほかには青色事業専従者給与が有名ですが、事業に専ら専従している家族や親族へ支払う給与を経費として計算できることです。白色でも専従者給与はありますが、上限あるのに比べますと常識的な範囲内であるなら自由に設定できるというメリットがあります。

そのほかに純損失の繰り越しまたは繰り戻しがありますが、ある年が赤字になったときにその赤字を3年間繰り越せる特典です。例えば今年赤字だったときに翌年黒字になったときにその黒字から昨年の赤字を差し引くことができますので節税効果があります。

青色申告には65万円までの特別控除や、最長で3年間にわたって赤字を繰り越せるというメリットがあります。

related post