荷造りの順番が大事!

引っ越しまであと1週間しかない!そんな時は焦って荷造りも急ぎがちですが、まずは落ち着いて段取りを確認しましょう。引っ越しの荷造りは段取りさえ間違わなければ、決して時間のかかるものではありません。

一番最初に荷造りすべきなのは、すぐに必要ないものです。季節外の服や家電、アルバムや本などすぐに使用しないものから順にダンボールに詰めていき、引っ越し当日も使用するものは最後にダンボールに詰めるようにしましょう。使用頻度の高いものだけ残しておけば、引っ越し当日の片付けも簡単で手間がかかりません。

荷ほどきはお早めに!

無事に引っ越しが完了したら、今度は荷ほどきを始める必要があります。荷物が多いとダンボールを一つ一つ開梱するのが大変ですが、なるべく早く全部開梱するようにしてください。というのも、ダンボールを開梱せずにいると、いつまでたっても荷物が減らず、新生活にも負担がかかってくるからです。一度タイミングを逃すとダンボールを片付けるのがどんどん面倒臭くなってくるので、できれば引越し後1週間以内に全てのダンボールを開梱するようにしましょう。

もし片付けが面倒なら、思い切って捨ててしまうのもアリです。引っ越しは不用品を処分するいい機会なので、使用頻度の少ないものはこの際、思い切って捨ててしまい、新たな生活のスタートを切ってみましょう。

買い足しは引っ越しの片付けが終わったあとでも遅くはありません。新生活を始めてしばらくすると、日常にいる物といらない物の区別ができるようになるので、冷静な判断ができるようになってから追加購入するようにしましょう。

不用品の回収とは、大きなものや大量のものを、処分するために集めることです。リサイクルのために集めることもあります。

related post