研修を受ける側とする側のそれぞれの気持ち

社員研修をする際のポイント

社員研修をする時は、する側とされる側それぞれの気持ちを思い合うことが大事です。まず研修を受ける側は、自分が入社した会社がどのような雰囲気の所なのかが分かるいい機会になります。それに、研修の時にやる気を出しておくと研修をしている社員に対していい印象を残すこともできるのです。特に歩合制などやる気があればそれだけ伸びるような業界の研修の場合は、いい印象を残すことはとても大事な事になります。反対に研修をする側は、どのような社員がいるのか顔や雰囲気など読み取りながら、どんな性格なのかを見ていく事ができ、その状態を上司などに報告する事ができるようになります。それができるかどうかは、上司にとっての評価にも関係してきます。

研修をする時の気持ち

研修をする時は、新入社員の人達は緊張しながら受けていますのでどれだけストレス受けているかなどもチェックしておく事が必要です。チェックをして少しでも会社に対してストレスを感じてしまっているならば、研修が終わるまでに解決してあげる事が勧められます。そうでなければ、研修が終わってから現場に実際に入っていく時にストレスを残したままでいると業務にも差し支えが出てきてしまいます。その為研修が終わるときには、しっかりと新しい気持ちでいられるようにさせておくだけの力が必要です。それができるかどうかで研修を任されるかどうかの判断にもつながっていきます。研修をする側は、同時に自分がその会社でどのような仕事をしているかを再確認できるいい機会にもなりますし、初心に戻れる時なのです。

社員教育とは企業側が社員に対して仕事をスムーズに行う、又は企業側の仕事内容を理解し遂行させるために必要な知識やマナーなどを教育させることをいいます。

related post