スペックだけで判断するのは不十分です

法人向けのパソコンを選ぶ際、鍵になってくるのが管理とメンテナンスです。社内にソフトとハードの両面において詳しい担当者がおり、何かあった時には直ぐに対応出来るのか、それとも問題が発生してから解決するまでには、人を介し、ある程度の時間も要するのか、しっかりと見極めておくことも必要になります。個々のパソコンであれば、用途を考え、必要なスペックのものを選ぶだけで十分になりますが、企業のように、データを連動させて使う際には、やはりメンテナンスをはじめとした管理がどの様に行われるのかがポイントになります。また、何か問題が発生した際に、どの段階で止められるかといった点も大切になりますので、多くの社員にとって使い易いと思われるパソコンを選ぶことも重要です。

増え続ける脅威への対策も必要です

ウィルス感染やマルウェアの脅威などは、パソコンをインターネットに繋いで使う限り、避けては通れない問題です。起こってしまった問題に対しての対策は生まれますが、基本的には後からの対応になることが殆どですから、いち早く異変に気が付けるか、予防策をどこまで施せるかといったことが大切になります。法人では、特に顧客情報を扱うことが多くなりますので、情報漏えいが起こらない様、細心の注意が欠かせません。セキュリティが高いと言われるパソコンを選んだとしても、常にアップデートをし、メンテナンスをしていかなくては効果は半減します。実務での利用面だけでなく、社内のパソコンの管理をどのように行うかと言う点を踏まえ、パソコンを選ぶことが法人向けでは大切になります。

PC等の製品は、部品毎に使う人が自分で必要な物を決めて買う事ができ、市販の物よりも価格を安く抑えたり、特定の性能だけを良くしたりできます。これがBTOのメリットです。

related post